私のサマークラスとアメリカのユニークな勉強法

MENU

サマークラス最終日

今日はサマークラスの最終日でした。

 

私は今年からアメリカに留学中で今は語学学校に通っています。

 

サマークラスは六月と七月の二ヶ月で、今思えばあっという間に終わりました。

 

今週はクラスのファイナルテストと課題に追われて、死ぬほど忙しかったですが、無事すべてを終わらせました。

 

二ヶ月間とても大変でしたが、とても充実した生活ができて、楽しかったです。

 

クラスも全て合格できました。

 

私は中でもスピーキングのクラスが楽しくて仕方がありませんでした。

 

それに加えて、テストもとてもユニークなのです。

ユニークなスピーキングのテスト

スピーキングのテストはSiriに話しかけ、Siriが自分の英語を理解して、答えを出してくれたら合格というテストでした。

 

SiriとはスマートフォンやiPhoneに付いている機能で、人の音声を察知して、調べもができたりアプリケーションを開いてくれるものです。

 

日本語で話しかけてもなかなか理解してくれない時があるのにもかかわらず、私の英語で携帯に理解してもらうのはとても難しいことでした。

 

日本人には難しい英語発音などを明確にしなければ、携帯には通じません。

 

私は一晩、口の周りが痛くなるまで練習を重ね、テストに望みました。

 

結果は十問中九問Siriに理解してもらえました。

 

もちろん私にしては充分な結果です!ほんとに日本にはないユニークなテストですよね。

日本とアメリカの違い

日本の中学校、高校ではグラマーやリーディングの英語の勉強が中心に行われ、ノートを取る授業が多いです。テストも用紙にカリカリとシャーペンで書くような形式ですよね。

 

それに比べ、アメリカは自分自身で考えて発言し、みんなで意見をシェアするような授業が多いです。

 

私も日本の学校にずっと行ってましたから、最初はこのような授業に慣れませんでした。

 

ですが、今ではこのようなアメリカでしか行われないようなテスト方法や学び方など、私はとても魅力に感じています。

 

英語を学ぶ方法を絞らずに、新しいものを取り入れて、より楽しくユニークに。

 

そんなアメリカの自由な心にもっと触れながら、これからも勉強を頑張りたいと思います。