年末年始は映画放送が多い

MENU

年末年始の映画

年末年始って、けっこうテレビで映画が放送されるんですよね。

 

これは昔からそうだと思います。

 

昔はヒッチコックの映画をいっぱい放送していたり、となんか凝ってたなと思います。

 

今年も年末年始はいろんな映画が放送されていて、映画好きとしては嬉しい限りでした。

 

見たことのある映画もあり、見たことのない映画もあり、けっこう録画しちゃいました。

 

お正月をのんびり家で録画した映画を観る、なんてのはいいですよね。

 

洋画もあれば邦画もあり、どちらにも偏っていないのがバランスよくていいなと思いました。

 

けっこうマイナーなものではなく、メジャーなものが多かったような印象もあります。

レンタルはしなかった

けっこう録画した映画で見切れていないのが多かったので、レンタル屋さんは利用しませんでした。

 

半額セールとかしてくれれば利用したかもしれませんが、そういうのもしていなかったようでしたし。

 

レンタルといえば、借りてきた映画がしばらくしてテレビで放送されたりすると、地味にショックなものです。

 

先に知ってれば待ったのに、という感じで悔しいです。

 

でも、洋画の場合、吹き替えになっているとちょっと残念なんですよね。

 

もちろん吹き替え派の人も多いんでしょうが、私は字幕がいいので、絶対見たいものは字幕じゃないと嫌ですね。

 

あと、テレビの場合、カットされてるシーンが多い場合もありますよね。

 

時間の関係でしょうがないんでしょうが、そういうのがあるとこれもまた地味に残念です。

 

そういえば、テレビで放送される映画で、「地上波初」とか、「ノーカット」とかテレビ欄にあるとなんか嬉しいです。

 

これ見たっけ、と曖昧な映画の場合、地上波初なら、見たことないか、と判断もつきやすいですし。

 

でも、最近、めっきり映画館で映画を観ていないので久しぶりに見たいな、なんて思います。

 

気になる映画が一つあるので、それを見に行きたいものです。

 

レディースデーとか上手に使えば安く見られますしね。